So-net無料ブログ作成
検索選択

生理で眠くなったり、痛みがひどい人は子宮内膜症かも!原因、治療法は! [不妊]

女性特有の病気子宮内膜症ですが、


・月経のたびに寝込んでしまうほど痛い

・薬飲んでもあまり効かない

・痛みが以前に比べて増してきている

このような症状が続く方は子宮内膜症の可能性が高いです。子宮内膜症は月経ときわめて関連しています。


20111022saya01.jpg





スポンサードリンク








子宮内膜症とは?



子宮の内側に子宮内膜という粘膜があって、その粘膜が剥がれ落ちることによって生理がきます。卵巣から女性ホルモンが分泌されると子宮内膜が厚くなります。これは妊娠した時に受精卵が子宮内膜に着床できるように厚くなります。



017_1.gif




子宮内膜症の場合は子宮内膜と類似した組織が卵巣や卵管、子宮の表面、卵巣の表面などにべったり血液のような塊を作ってしまいます。子宮内にできた場合は月経の時に膣から剥がれ落ちますが、卵巣などにできてしまった場合はお腹の中に溜まっていってしまいます。



子宮内膜症になると激しい痛み、不妊、ひどい時には卵巣がんを合併してしまうこともあります。激しい痛みには種類があり、基本的には月経の時に痛くなる月経痛、約9割の方がこの痛みを訴えます。病気が進行してしまうと月経の時以外にも痛みが発生し、下腹部痛や腰痛も出てきます。






さらに子宮内膜症の特徴は排便の時痛みを感じる排便痛、排尿するとき痛みを感じる排尿痛、性行中に痛みを感じる性行痛といった痛みが非常に強くなってきます。通常は膣から内膜が剥がれ落ちていきますが、子宮内膜症の場合は卵管から出て膀胱や直腸の近くに溜まってしまい痛みが強くなります。



子宮内膜症の半分くらいの方は不妊になってしまいます。原因が不明な不妊症の方が検査してみると、3~5割の方は子宮内膜症が原因で不妊になっています。原因は不明ですが不妊と子宮内膜症は密接な関係であると言われています。






スポンサードリンク








卵巣の中のできてしまう内膜症(チョコレートを溶かしたようにドロっとしているので卵巣チョコレートのう胞と言います)が長い間、10年、20年と血液がさらされると遺伝子が変化して一部ががんに変わってしまうことがあります。



発生頻度は1%くらいです。40代の方や、急激に内膜が大きくなってしまった方に多く見られます。チョコレートのう胞の方が必ずがんになる訳ではないので安心して下さい。







治療方法



・薬物療法

基本的なは低用量ピル、黄体ホルモン製剤などの薬を使った治療法です。低用量ピルには女性ホルモンの卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類含まれていて、毎日服用することで内膜を委縮することができます。月経の量を少なくしてコントロールする薬です。



kurashi382.jpg




脳梗塞や心筋梗塞を過去に起こしたことのある方、重度の高血圧の方はこの薬を使用できません。副作用で血栓症という病気になってしまうことがまれにあります。



足の突残の痛み、むくみ、手足の脱力、麻痺、突然の息切れ、胸痛、頭痛、突残の視力障害、舌のもつれなどの症状がある場合は血栓症の疑いがありますので服用を止め至急救急医療機関を受診して下さい。







スポンサードリンク









黄体ホルモン製剤は黄体ホルモンだけが含まれている薬です。効果は低用量ピルと同じで内膜を委縮することができます。こちら薬も副作用で不正出血が引き起ってしまうことがあります。不正出血が起こっても心配せずに薬の使用を続けることが大切です。薬の使用を続けるうちに出血も少なくなります。



低用量ピルを使い、効かない場合に黄体ホルモン製剤を使用します。その逆の場合もあります。これらの薬の服用中は妊娠ができません。治療中に妊娠を希望される方は、薬を一旦使用するのをやめてできるだけ早く妊娠してもらうという形をとってもらっているそうです。服用をやめて2か月ほどで排卵周期が戻ります。再発しやすい病気なので早く計画的に妊娠することが重要になってきます。



1211155top.jpg




・手術療法

薬物療法で十分に効果が得られなかった場合に手術療法に切り替えます。妊娠を希望する方がほとんどなので、子宮や卵巣を温存して病巣部分だけを取り除く手術になります。再発しやすい病気なので、手術後にホルモン剤などの使用を続けていくこともあります。



月経はこれくらい痛くなるものだと思って産婦人科に行かない方が多くいらっしゃいます。鎮痛剤を飲んでも治らない方が診査してみたら子宮内膜症にかかっていたという方も結構いらっしゃいます。



子宮内膜症は自然に治るということはないので、できるだけ早く察知し発見して治療を始めるのが大切です。若いから病気にならないという訳ではなく、10代、中学生や高校生もこの病気になってしまうので生理、月経痛がひどい方は親御さんと病院へ行き先生と相談してみて下さい。我慢しないで産婦人科を受診して下さい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました