So-net無料ブログ作成
検索選択

心筋梗塞の原因心臓周囲脂肪とは!減らすにはご飯の食べる順番が重要 [心臓]

年をとると誰でも悩むのが「脂肪」です。メタボリック症候群ですね。糖尿病をはじめとする、高血圧、脂質異常、脳卒中、心臓病などさまざまな生活習慣病のリスクを高めてしまいます。中
でも恐ろしいのは心筋梗塞です。


img_485440_23714813_0.jpg





スポンサードリンク










心臓に酸素を送る重要な血管が、数十年とかけて脂肪が溜まり動脈硬化が進行して、その重要な血管が詰まり心筋が壊死してしまい突然死んでしまうことのある病気です。
急性心筋梗塞による死亡数は年間で約4万2000人以上、
1日に100人以上が亡くなっているということになります。


心筋梗塞は年をとってからの病気と思っている方が多いのですが、若くてもなることがありますし、メタボリックシンドロームでなくても心筋梗塞になってしまいます。そして最近心筋梗塞になる方が増加傾向にあります。





心筋梗塞の多くの原因の1つ内臓脂肪ですが、最近(この3~4年で)新型脂肪があったという新事実があります。それは血管を食いつぶす心臓に取り巻くようにつく脂肪です。
通常心臓はピンク色ですが、脂肪がついた心臓は黄色なものがついています。極悪な脂肪です。


この脂肪は「心臓周囲脂肪」と呼ばれ毒素を吐き出して血管
を痛めつけて突然詰まらせるます。心臓周囲脂肪から伸びた毛細血管が心臓に突き刺さり、毛細血管を通じて毒素を注入します。本来脂肪からの毛細血管は血管を修復させるための善玉ホルモンを出しています。ただ脂肪が厚くなってしまうと悪玉ホルモンが出るようになってしまいます。





プラークを作りながら徐々に血管壁を破壊して(この時点では血管は健康そのもの)、プラークが血管内に噴出して心筋梗塞が引き起ります。このような心臓周囲脂肪が原因の心筋梗塞は、従来の心筋梗塞とは違いプラークが外側についていきます。内側からつけば血流の流れが悪くなるので負担がかかり症状にでてきます。外側からだと症状にでないので前触れもなく突然発症してしまいます。健康診断の心電図では正常だった方が突然3日後に欠陥が詰まって心筋梗塞になることもあります。


早い方で半年で12ミリ脂肪がつきます。健康な方でも2~3ミリはついています。厚さが6ミリ未満だと問題ありませんが、6ミリを超えると心臓周囲脂肪が毒素を出し始めます。
この毒は激しい炎症を引き起こし、色々な組織を溶かしていって破裂をきたしてしまいます。





スポンサードリンク









article-1330269-0077D4AE00000258-639_468x464.jpg




太っているからといって心臓に脂肪が多くつくわけではありません。ではどのような人が心臓周囲脂肪がつきやすいか。それは以前に比べて太った人です。(急に太ったというのは1年に5キロ以上増えたら)昔は痩せていた、もしくは標準体型だった方が成人を過ぎて太ると心臓に脂肪がつきやすくなります。


人間には皮下脂肪があり、その中に体内の余分な脂肪をいれる脂肪細胞があります。皮下脂肪の脂肪細胞は成人時の体型で決まります。つまり成人するまでに太っていた方は脂肪細胞が多く、痩せていた方は脂肪細胞が少ないということになります。





この状態で食事をすると脂肪細胞にどんどん吸収されていきます。もともと痩せていた方は太っていた方に比べて脂肪細胞が少ないのですぐに満杯になってしまいます。すると溜めきれない脂肪が腸や肝臓などについてしまいます。これが内臓脂肪です。心臓付近に溜めきれなくなると心臓に脂肪がついてしまいます。


ではどうやったら心臓周囲脂肪を減らすことができるのか?心臓周囲脂肪は溜まりやすいが、落としやすい脂肪でもあります。


・これ以上心臓に脂肪をつけない
食べる順番を野菜からにする


ご飯から食べると血糖値が急激に上がり糖分が一気に脂肪として蓄積します。野菜から食べるようにすると血糖値の上昇が抑えられ糖分が脂肪として取り込まれる速度がゆっくりになります。結果脂肪の蓄積を抑えられます。
さらに野菜から食べると満腹中枢が刺激され食べ過ぎの防止にもなります。



・心臓についた脂肪を燃焼させる
いつもより遠いスーパーなどに行き歩数を増やす。目標となるだいたいの目安は1日に6400歩です。(女性の平均歩数)
この2つのことをやるだけで心臓周囲脂肪が減らせます。








関連記事
















スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。