So-net無料ブログ作成
検索選択

アレルギー性肺炎の原因は家の中のカビ!ソファー、家具、窓、加湿器に多く潜む [肺]

生きるために欠かせない呼吸。それをつかさどる臓器と言えば肺ですが、その健康について衝撃の事実があります。例えば、肝臓は60%切除してもおよそ3か月で元に戻る再生能力があります。しかし肺はダメージが蓄積したまま傷つくと回復せず致命的な病気を引き起こすことがあります。事実肺の代名詞である肺炎はがんや心疾患に続き死因の第3位に入っています。しかもそんなデリケートな肺が1年でもっとも危険にさらされるのは冬。


20130116122110_50f61ca63d2d3.jpg



スポンサードリンク







風邪と肺炎の違いとは?

鼻から声帯までで炎症を起こすと風邪、声帯から肺全体までで炎症を起こすと肺炎です。風邪はウイルス、肺炎は細菌と原因も異なります。ウイルスの方が細菌より小さく、抗生物質が効かないなどの特徴があります。肺炎の原因となる最近は100種類以上あると言われています。



中でも身近なあるものが原因で冬に急増する肺炎があります。その原因は家の中なカビです。カビなんてないと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、きれいに見えるお宅でも空気の中にはたくさんのカビがいます。



カビ イラスト-e1417243276435.png




カビと言えばジメジメした梅雨に増えるというイメージがありますよね?1年の中で油断いがちなのが冬です。冬はカビが少ないと思われていますが、常に身の回りを漂っているんです。なのであまりにも家にカビが大量発生している場合は医師から引っ越しを勧められることもあるそうです。



カビは毒素やタンパクを破壊する物質をたくさん持っていて、ほこり、ダニ、花粉よりも肺の奥を破壊しやすい、アレルギー反応を起こしやすい物質と言われています。カビなどの異物を大量に吸い込むとその刺激で炎症が起きます。すると発熱や咳、息切れなどの症状が現れ肺の組織を破壊することもあります。これがアレルギーで起こる肺炎です。



カビは目に見えないので困ります。しかし身近にあるものでカビが近くにいると判断できるものがあります。それはほこりです。カビの胞子は表面に細かい凹凸があり、ほこりに付着しやすくなっています。洋服をはたいたり、ベッドに横になるだけでも大量のほこりが発生します。



それは同時に部屋にほこりをまき散らしていることになります。呼吸するだけでカビを吸っているということになります。さらに冬は静電気によりカビがほこりにつきやすい環境が整っているとも言えます。







スポンサードリンク









ではカビは部屋のどこに多く潜んでいるんでしょうか


ソファーなどの家具の裏

ソファーなど家具の裏は壁と密着していて通気性が悪く換気ができず、湿度が高くなり生えやすい環境となります。



加湿器

本来なら感想を防ぎ風邪対策にも大切な加湿器ですが、掃除を怠るとその吹き出し口にはカビが大量発生しています。その状態のままスイッチを入れれば、カビが空気の流れに乗り部屋全体にまき散らしている可能性もあります。タンクなどもこまめに手入れをする必要があります。



・窓

カビは水分が大好物です。窓にカビが多くいる原因は結露にあります。ほこりが結露に付き水分を元に増殖してしまいます。目に見えるほど大きくなったものが窓についていることもあります。結露は放っておくと乾燥します。


乾燥すると安全に見えますが、増殖したカビは水がなくなっても生き続けています。掃除するまではいなくなりません。結露で濡れたカーテンなどを束ねておくと湿気がたまりカビを増殖させます。



images (4).jpg




お風呂は1年中カビが存在しますが、冬だから危険という訳ではありません。シャワーなどでカビが舞いやすいですが、滞在時間が短いため危険性は少ないと言われています。



気密性の高い生活環境は湿度が高く換気が悪いためカビによる疾患は増加しています。なのでカビによる疾患アレルギーの方も増えてきています。症状が気づきにくいので重症化して呼吸器不全や肺を破壊することもあります。







スポンサードリンク









最近注目されている肺の病気とは


肺MAC症

MAC菌が感染して肺に炎症を起こし、慢性の気道感染症が起こります。結核と似ていると言われています。咳、息切れ、発熱、血痰など症状も似ています。重症化すると呼吸不全になり血を吐いたりすることもあります。CT画像で肺を見てみると結核と同じように肺に空洞ができています。



1番の問題は結核と違って完治が難しいということです。年間で6000人が発症。死亡者数は年々増加傾向にあります。中高年に多く、なぜ中高年に多いのか原因は不明となっています。







治療法は抗生物質の服用や手術など。日常生活が元気に送れるようになる場合が多いそうです。MAC菌自体は弱い菌ですが水周りや土など様々な場所に存在しているので避けるのはとても難しいと言います。



現時点でMAC菌は人から人への感染は証明されていなく、隔離の必要はありません。外来で十分です。
感染しないようにするには日ごろから抵抗力を高めていることが大切です。良質な睡眠、栄養バランスが整った食事、疲労やストレスを溜めないようにしましょう。



急性好酸球性肺炎

好酸球とは白血球に一つで有害物質を攻撃する働きがあります。ある要因が重なると好酸球が肺を攻撃してしまい、アレルギー反応を起こしてしまいます。



喫煙開始から1~3週間で発症することが多く、非常に疲れている時や睡眠不足の時にも発症しやすくなっています。他にも粉じん、カビ、防虫スプレー、花火の煙、寄生虫などが原因となります。潜在的なベースを持っている方が多いので疲れると再発症もあり得るので気をつけましょう。



百日咳

冬の間乾いた咳が長引きます。世界的に大人の患者さんが増えています。吠えるような咳や激しい咳、高熱などの症状はありません。乾いた咳が2週間以上続くようでしたら病院へ行きましょう。





関連記事




「風邪と肺炎の違いとは。肺の病気「急性好酸球性肺炎」アレルギー性肺炎。」

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。