So-net無料ブログ作成
検索選択

老化で耳が聞こえにくくなる感音難聴!聞き間違いは脳の衰えが原因 [耳]

3月3日は耳の日です。耳は聴覚を司る大切な器官です。耳の聞こえが悪い、聞き間違いが多い、テレビの音が大きいと言われる、耳鳴りがするなどの症状がある方はいませんか?このどれかに当てはまった方は耳が衰えている可能性があります。


iykyjm.jpg


スポンサードリンク







耳の機能は30代後半から衰え始め、再生させることが難しくなっています。なので維持していくのが大切になってきます。周波数の高い音は年齢が高いほど聞こえにくくなっています。
「モスキート音で年齢チェック」



どうして音が聞こえにくくなるのか

難聴は音が伝わる経路のどこかに障害が起こると起こります。年齢とともに耳が聞こえにくくなるのが感音難聴と呼ばれる難聴です。



感音難聴は内耳や音を伝える神経の障害によって起こります。 耳の構造は外耳、中耳、内耳の3つ部位で構成されています。音は外耳に入り空気となって鼓膜に伝わり中耳の耳小骨を経由して、内耳の蝸牛と呼ばれるカタツムリのような形をした器官に届きます。



992.jpg




音の振動はこの蝸牛で電気信号に変えられ、脳に伝わり認識されます。感音難聴は蝸牛や聴神経の異常により起こる難聴で、耳鳴り、めまいなどを引き起こすこともあります。
内耳の細胞で有毛細胞と呼ばれる細胞があります。有毛細胞とは、細胞が収縮を繰り返してダンスをするような細胞です。



内耳に音の振動が伝わって有毛細胞の周囲が揺れると、その揺れを感知して細胞が伸縮し音の振動を増幅させます。この細胞が障害を受けると感音難聴になります。有毛細胞は30代後半から、蝸牛の入り口近くの高い音を感じる部分から壊れていきます。なので高い音から聞こえにくくなります。そして有毛細胞は再生しません。





スポンサードリンク







難聴は年齢以外の原因があり、種類がいくつかあります。外耳、中耳の障害によって起こる難聴で、主に外耳炎、中耳炎の伝音難聴。耳かきなどで鼓膜に傷がつき起るケースもあります。耳には自浄作用があり耳垢は外に出るようになっているので、耳掃除は基本的に行わなくて大丈夫です。



ヘッドホンなどで大きな音を長時間聞き続けることによっておこる騒音性難聴や、病気などの治療で用いた薬剤の副作用のより発生する薬剤性難聴というものもあります。他に難聴、耳鳴り、めまいを伴う内耳の障害で起こるメニエール病、耳と脳をつなぐ神経の腫瘍により難聴が生じる聴神経腫瘍などもあります。



3046207115_6769b53c93_bs.jpg




よく聞き間違うという方は、耳による衰えだけでなく脳による衰えが聞き間違いになっている可能性があります。脳は情報不足の音声でも前後の情報から推測して意味を理解しようとします。その脳の処理能力が低下すると情報不足の音声を処理できなくなり聞き間違いが多くなります。



日頃から良く耳を澄ましたり、気を付けることで聞き間違いを減らすことができます。他に、聴力維持で重要な栄養素が動物実験でわかっています。ビタミンC(みかん、レモンなどの柑橘類)、ビタミンE(植物油、アーモンドなどのナッツ類)を適度に摂ると良いみたいです。





スポンサードリンク







関連記事







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。