So-net無料ブログ作成
検索選択

胃もたれ、胃痛が多い人は機能性ディスペプシアかも!原因、治療法は [お腹]

ディスペプシアとは、新しい病気で胃もたれ、胃痛、食べてもすぐに満腹になる早期満腹感などみぞおちを中心とした症状で、胃潰瘍やがんなどの原因となってしまいます。
機能性ディスぺプシアの原因


saved_quote_image_314979.jpg



スポンサードリンク








明らかな病気が見つからないのにディスペプシアの症状が出る人がいらっしゃいます。その人たちは異常ないとか慢性胃炎だよと言われました。ですが慢性胃炎は元々胃の炎症がある人です。ディスペプシアの人達は必ずしも炎症がある人ではなかったので、おかしいということになり調べました。



調べた結果、胃の働きや機能が異常で症状が出ているということがわかってきて、機能性ディスペプシアと呼ばれるようになりました。日本人の5人に1人は機能性ディスペプシアにあたるんではないかと言われています。



stockfoto_41290954_s212140.jpg




食べ過ぎて胃もたれするのは誰にでも起こります。どのくらいの症状からがディスペプシアなのかという診断基準があります。胃もたれ、胃痛、早期満腹感が週に2~3回以上継続して起こる場合は、機能性ディスペプシアの診断をされます。



機能性ディスペプシアは他の胃の病気があるといけないので、胃カメラ、内視鏡を使って他の病気がないか確かめることが必要になっています。






スポンサードリンク







機能性ディスペプシアになってしまう原因とは?

几帳面だったり周りによく気を使う人になりやすいと言われています。他に、ストレスからくることや、ピロリ菌、生活習慣、胃酸などが原因で症状が出るんではないかと言われています。



このような要因が胃の運動機能異常や内臓知覚過敏など起こすと考えられています。運動機能異常というのは、胃は運動をしているので食べ物が胃から出ていきます。この胃の運動が悪くなると胃の中の物の排出が遅くなって、ものが残りやすくなるので、胃もたれが起こりやすくなってきます。



55ba2b04b5d46e7501605754_lg.jpg




最近分かったこともあります。食べ物が胃に入ってくるといは膨らみます。特に胃の上の方が膨らみます。膨らみが悪いと食べてもすぐに満腹感を感じてしまうということがあります。内臓知覚過敏というのは、歯茎の知覚過敏は聞いたことがあると思いますが、胃にも知覚過敏があります。胃には胃酸があります。機能性ディスペプシアの人は胃酸の刺激に敏感になってしまいます。



ストレスで運動機能異常や内臓知覚過敏を起こしたりして、その症状でストレスが溜まってと、悪循環になるのが問題です。精神的、肉体的に辛く、仕事や私生活に影響を及ぼすこともあるので早めに治療を受けることが大切です。






スポンサードリンク







治療薬


運動機能改善薬、胃酸分泌抑制薬で治療するのが一般的です。2013年の6月に、機能性ディスペプシアの治療薬としてアコチアミドという薬が世界で初めて使われました。この薬は胃の排出を良くして症状をとる薬です。知覚過敏の人には、胃酸を抑える胃酸分泌抑制薬を使います。



これらで症状がとれない場合は、漢方薬(六君子湯)や抗不安薬が使われます。症状がとれないか判断するのは約4週間となっています。薬の治療だけでなく、医師に話を聞いてもらうことや内視鏡で異常がないかを確認できたりするだけでかなり症状が良くなったりもします。ストレスや不安をなくすことが大切です。






ピロリ菌が見つかった場合は、除菌をお勧めします。ピロリ菌が機能性ディスペプシアの原因でないことがあるからです。さらに除菌することで将来的に起こりうる胃潰瘍や胃がんのリスクも下げられます。2013年3月からピロリ菌胃炎というのが保険適用となったので健康保険で受けることができます。



食生活、生活指導をすることもあります。乱れた食生活(朝食をとらないなど)や運動量が少ない、睡眠が少ないなどの生活習慣を見直すことも大切です。




関連記事








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました