So-net無料ブログ作成
検索選択

胃潰瘍の原因はストレスよりもピロリ菌やNSAIDsが多い!治療、自覚症状は [お腹]

胃潰瘍といえばストレスと思う方が多いと思います。実は胃潰瘍のほとんどの原因は他のものにあります。


abdominalpain.jpg



スポンサードリンク









そもそも胃潰瘍とは?

胃の壁の一部に穴が掘れてしまうような病気です。胃の中には消化を助けたり、食べ物と一緒に口から入った細菌を殺菌してくれる胃液があります。この胃液は非常に強い酸です。
強い酸なのに胃が保たれているのは、胃の粘膜が胃液に対する抵抗性を持っているからです。その抵抗性が少なくなると、少ない酸でも粘膜が傷ついて穴が掘れて胃潰瘍になってしまいます。



通常の胃の中の表面はつるつるいていて滑らかになっています。胃潰瘍の人の胃はむくんだり、白い膿がたまったり、重症な胃の場合は出血したりもします。



img_solmac.gif




胃潰瘍の自覚症状

胃のむかつき、胃痛が代表的な症状で、重症になると吐血、下血、貧血などが起こります。穴が掘れるだけでなく貫通してしまうこともあって、そのような場合は激痛がします。貧血によって動悸や息切れなども起こるので自覚症状といえます。





胃潰瘍の原因


・ピロリ菌

これが1番多い原因となっています。7~8割の方はピロリ菌が原因で胃潰瘍になります。ただピロリ菌がいるからすぐに胃潰瘍という訳ではなくて、ピロリ菌を持っている人でストレスを感じた時に胃潰瘍になりやすくなっています。ストレスが原因と言われるこのことですね。



ピロリ菌はヘリコバクター・ピロリという細胞で、以前は強い酸の中にはばい菌は住めないという考えでしたが、自分の周りの尿素をアンモニアに変えて中和することによってピロリ菌は生きのびています。ピロリ菌の感染によって胃の粘膜が障害されて炎症が起きます。そして炎症がおこると胃の抵抗力が弱くなって胃潰瘍になりやすくなります。






スポンサードリンク







ピロリ菌に感染しているという人は除菌治療をするということが大事です。胃潰瘍のなったことのある人やいつも調子の悪い人などは一度ピロリ菌がいるか調べた方が良いと思います。



除菌治療とは3種類の薬を1週間飲むことです。抗菌薬のアモキシシリン、クラリスロマイシンまたはメトロにダゾール。胃酸を抑えるプロトンポンプ阻害薬(PPI)。除菌をするとまず潰瘍は怒らないと言われているので、心配な方は除菌しましょう。




・非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)

残りの2~3割の方はこれが原因です。非ステロイド性抗炎症薬は、関節炎やリウマチの治療に多く使われる薬です。熱を下げる解熱、痛みをとる鎮痛、炎症をとる消炎などに効果がある薬なので広く使われています。市販薬でもよく読むと、胃潰瘍に注意しましょうと書いてあるものもあります。



ピロリ菌が原因で胃潰瘍にある人は減ってきていて、非ステロイド性抗炎症薬が原因で胃潰瘍になってしまう人は増えてきています。



この薬を使い続けている人の胃潰瘍の有病率は、15.2%
す。使用していない人は1.6%となっています。使い続けることで約10倍の胃潰瘍のリスクが高まります。この薬は、胃粘膜を守る働きを抑えてしまう作用があるので、胃潰瘍が起こりやすくなってしまうと考えられています。




薬 たくさん.jpg





消炎鎮痛剤として有名なアスピリンもこの薬の1つで、アスピリンの量を少なくする低用量アスピリンというのが広く使われています。低用量アスピリンも使用を続けると胃潰瘍になりやすくなります。



低用量アスピリンは、血をサラサラにする効果があるので、脳梗塞や心筋梗塞を起こした人に使われます。このような人は薬を使い続けなければいけないので、胃潰瘍を予防する薬を併用します。
胃潰瘍の病歴がある人や高齢者には予防薬を併用してもらうことがあります。






スポンサードリンク








治療


・手術

出血をしている場合は、まず出血を止めます。どうしても出血を止められない場合は、手術をすることがあります。あと穴が貫通してしまった場合も手術をしなければいけません。



・薬物治療

胃酸を抑えるプロトンポンプ阻害薬(PPI)、H₂受容体拮抗薬を基本的に使います。胃の防御機能を高めるプロスタグランジン製剤、胃粘膜保護薬を使うこともあります。症状がなくなるのはすぐなのですが、2~3か月は治らないので薬を飲み続けて下さい。





関連記事








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。