So-net無料ブログ作成
検索選択

めまい、耳鳴り、難聴、立ちくらみの改善、治すにはニチニチ草! [耳]

現在、日本国内では、めまいや耳鳴り、難聴に悩まされてる人は約2000万人いると推定されています。高齢者ほど患者数の割合が多くなるなる傾向があります。めまい、耳鳴り、難聴の改善を紹介します。

img_02.jpg





スポンサードリンク








めまいや耳鳴り、難聴は併発することが多く、加齢による老人性難聴の2~3割は、立ちくらみやふらつきなどのめまいを合併し、高音の耳鳴りを伴うことも少なくありません。



めまいや耳鳴り、難聴の改善効果が期待できると注目されているのは、ニチニチ草です。ニチニチ草は、古くからヨーロッパで、めまいや頭痛、物忘れなどの予防、改善を目的とする伝統的な治療薬として利用されてきました。




CIMG2004.JPG





ニチニチ草の有効成分は、鼻や茎、薬のすべての部分に含まれている「ビンカミン」です。ビンカミンに脳の血流を改善する働きがあります。50年以上前に確認され。1959年、ヨーロッパで脳血管障害の治療薬として発売されていました。



現在でも、脳血管性認知症を改善する治療薬として、世界47カ国で使用されています。ニチニチ草の有効成分であるビンカミンには、脳の血流を促して聴覚、平衡感覚をつかさどる脳の神経細胞を活性化し、めまいや耳鳴り、難聴を改善する効果が期待できると、大きな話題になっています。





スポンサードリンク











音は空気の振動で、外耳を通って中耳にある鼓膜に伝わります。鼓膜に伝わった空気の振動は、耳小骨という3つの骨(ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨)に伝わり、振動がもとの音の20倍以上に増幅されます。音が空気の振動として外耳から中耳まで伝わる経路は、伝音系と呼ばれます。



次に、増幅された空気の振動はカタツムリのような形をした蝸牛に進みます。振動によって蝸牛の中のリンパ液が揺れて、その揺れを蝸牛内部にある感覚細胞(有毛細胞)が感知して電気的な信号に変換します。この信号が聴神経(蝸牛神経)を通じて脳の聴覚領域に伝えられ、音として認識されます。




top.jpg





音が電気信号として内耳から脳まで伝わる経路は「感音系」と呼ばれます。音が外耳→中耳→内耳→聴神経→脳という経路をたどることによって、はじめて音を認識できます。耳の役割は音を聞くことだけではありません。平衡感覚を保つことも重要な働きです。



最も脳に近い位置にある内耳は、蝸牛と、三半規管や耳石器からなる前庭迷路で構成されています。内耳の働きのうち、音を感じる働きは蝸牛が担当し、平衡感覚に関しては前庭迷路が担当しています。



三半規管の半分はリンパ液で満たされていて、体が傾くことでリンパ液の流れが変わると、脳は体のバランスをとるように全身に指令を出します。3つの半円形の管(半規管)が組み合わさった三半規管では体の回転を感知し、3つの半規管が交わる部分にある耳石器では体の傾きを感知しています。





スポンサードリンク








前庭迷路で集められた平衡感覚の情報は電気的な信号に変換され、前庭神経を通じて脳に送られます。脳はその情報をもとに微調整しながら平衡感覚を維持しています。ところが、耳の機能が障害を受けると、平衡感覚の情報が正常に処理できなくなり、平衡感覚に混乱が生じて、めまいが起きてしまいます。



めまいや耳鳴り、難聴の主要な原因の1つとして考えられるのが動脈硬化です。動脈硬化が進行して血管が硬くなると、血流が悪化するため、耳の毛細血管に血液が行きわたりにくくなります。



特に、多くの毛細血管が張り巡らされている内耳の蝸牛や前庭迷路は、血流悪化の影響で機能低下を起こしやすくなっています。ニチニチ草の有効成分であるビンカミンには、感音系に問題のあるめまいや耳鳴り、難聴を改善する効果が期待できます。ビンカミンが脳の血流を促し、脳の神経細胞に豊富な栄養が補給されれば、耳の内耳から脳までの感音系の機能が活性化されるからです。




ビオセポチンのサプリメントビオセポチン 10mg 120タブレット ヒメツルニチソウ(ニチニチ草...

関連記事








nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました