So-net無料ブログ作成
検索選択

カラーコンタクトレンズはネットで買わない!巨大乳頭結膜炎などのトラブルも [目]

c424ac983ae1f46032cf6ce96ce32781.jpg



コンタクトレンズを使用している人は全国で約1900万人と推測されています。これだけたくさんの人が使っているということなので、トラブルも欠かせません。
コンタクトを使っている人の10~20人に1人が目の障害を起こしていると言われています。
今回はコンタクトレンズの正しい使用方法、治療法、トラブルの原因、そしてカラーコンタクトの問題点を紹介します。




スポンサードリンク











しかも、トラブルは年々増加傾向にあり、最近ではカラーコンタクトレンズを使う人も増えてきて、中には視力矯正ではなくファッション目的で簡単に手に入れて使用している人もいます。一般のコンタクトと同じ医療機器なので、十分に注しなければトラブルにつながってしまいます。




トラブルの原因




525452252545.jpg




・洗浄などのケアが不十分



・外さずに寝る
黒目と言われる角膜は酸素が必要で、涙に含まれる酸素や大気中の酸素を利用しています。レンズ自体はハードもソフトも大気中の酸素を十分に通す素材が主流ですが、大切なのは絶えず涙の交換ができることです。



瞬きをするとコンタクトが一瞬ずれて、その瞬間に涙の交換が行われます。しかし、レンズを付けたまま寝ると瞬きをしないためレンズがあまり動かず涙が交換されにくく、角膜にダメージを受ける可能性があります。



・レンズのサイズが目に合わない



コンタクトを長時間付けていたり、外さずにそのまま寝てしまったりすると、レンズの汚れや刺激、酸素不足によって角膜に傷ができたりして目が充血したり痛みを生じたりしてしまいます。さらに感染の恐れもあります。








スポンサードリンク










ソフトとハードどちらがトラブルが起きやすいか!?




ソフトレンズはハードレンズに比べて水を含んでいて、柔らかく付け心地が良いのですが、ハードよりもトラブルは起こりやすくなってしまいます。理由は材質の特徴からタンパク質や脂質などの汚れが付きやすく細菌感染が起こりやすくなるからです。
付け心地が良いことから痛みがあっても気づきにくいことがあります。



コンタクトレンズによる障害では角膜の傷が最も多く、角膜の表面に点状の細かい傷が無数にできます。ひどくなるとむくみやかゆみも生じ、目が開けられないほどの痛みがあります。
軽い時は異物感、痛み、充血などの症状が現れます。



治療法はまずレンズの使用を中断し、目薬を使用して重症度に応じて内服も行ないます。軽ければ数日、ひどい場合は7日以上かかることもあります。




menu05_img01.jpg





角膜の傷から細菌などの微生物が感染することがあります。重症化しやすいのは角膜感染症(アカントアメーバ)という微生物です。
アカントアメーバは日常の環境で水回りなどに生息していますが、レンズやレンズケースのケアが不十分な場合、繁殖し目に感染することがあります。
アカントアメーバの他に緑膿菌、セラチア菌という感染がよくあります。







治療法




進行してしまうと薬が効きにくいこともあります。視力低下や失明が避けられないこともあるので、いつもと違う違和感や症状がある場合は速やかに病院へ行き診てもらいましょう。
アカントアメーバで症状がひどい場合は角膜移植をする必要があることもあります。








スポンサードリンク











巨大乳頭結膜炎




レンズの汚れや刺激によって起こるアレルギーの結膜炎です。瞼が腫れて視界がほとんどなくなるくらい腫れてしまうこともあります。
裏瞼の上に大きな乳頭(白いつぶつぶ)ができます。目ヤニなどの自覚症状があり、アレルギーなどに対する目薬などで治療を行います。





colorcon2.jpg





コンタクトの正しい使い方




・眼科医の検査や処方を受けて購入
視力、角膜のカーブ、目の健康状態などを検査し、レンズを試験的につけて動きを確認するなどをしてその人に合ったレンズを選択します。
レンズの取り扱いやケアについても指導してくれます。



・使用時間、交換期限を守る
原則として起きている間は使用しても大丈夫ですが、過度な長時間の使用は避けたほうが良いです。もちろん夜は外して寝るように下さい。
また目の違和感や痛みを感じたらすぐに外すようにして下さい。そのためには眼鏡も持っていなければいけません。



ハードとソフトがありますが、ソフトには「1日で使い捨てるもの」、「2週間で交換するもの」、「1か月で交換するもの」、「1~2年で交換するもの」と使用期限には種類があります。
それぞれの交換時期を守ることがトラブルを回避することにつながります。



・レンズは毎日しっかりケア
1日使い捨てレンズ以外はレンズを外すたびに洗浄→すすぎ→消毒、保存の順でケアします。ハードレンズは消毒は不要で、専用液の使い方はそれぞれ異なるので正しく使い分けるようにして下さい。
また通常タンパク質の除去も定期的に必要になります。



レンズを外す前に石けんで手を洗うのがポイントで、手を綺麗にしてからレンズを手のひらに乗せて、レンズの表と裏をこすり洗いするようにして下さい。そして、レンズケースもこまめに洗って乾燥させて清潔にするようにしましょう。ケースも3か月をめどに交換しましょう。



・定期的に検査
コンタクトレンズを使い始めた人は1~2週間後、1か月後に眼科で検査を受け、それ以降は3か月ごとに受診するのが望ましいです。









カラーコンタクトの問題点




・インターネットで購入



・医師の処方を受けない



・ケア方法や交換期限を守らない



・着色処理の問題





コンタクトレンズは便利で視力が悪い人にとってはなくてはならないものですが、ケアや使用方法を守らなければ最悪の場合失明もしてしまいます。そうなると本末転倒ですので、しっかり使用方法を守り、ケアを怠らないようにしましょう。











nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。