So-net無料ブログ作成
検索選択

鼻炎の実体験で行った予防方法!アレルギーから離れる [鼻]

鼻炎の予防の仕方。


clean-1013734_960_720.jpg


主に鼻炎の多くはアレルギーからくるものですが、治す方法として耳鼻咽喉科に行って鼻を食塩水で洗浄し、謎の空気を吸って鼻をかんで終わりにして、あとは薬(抗ヒスタミン薬か、抗アレルギー薬)を出して貰って終わりになります。

しかし私の場合小学生から結婚するまで、ずっと耳鼻科に通ってましたが治りませんでした。


fb614ede67f37c6f9ce12c8fa0f8f2e8_s.jpg



何が原因なのだろうかと色々と考えましたが、おじいちゃんが蓄膿症だったので、遺伝かなと軽く考えていたのです。

しかし私は結婚をしようと考えた女性が理学療法士だった為に、医療関係者の彼女から色々と聞きました。

その彼女とは結婚したのですが、彼女はアレルギー物質を調べて全てのアレルギー物質は除去できないけど、限りなくアレルギー物質から離れることを私に言いました。




スポンサードリンク






まずは徹底した毎日の掃除と毎日の布団干しと毎日のお風呂洗いと拭き上げでした。

「これで、かなりのアレルギー物質が無くなったはず、どう?何か変わってきてない?」と結婚後三か月くらいしてから言われてそう言えば全く鼻をかまなくなったよと、私も不思議に思いました。

要はアレルギー物質の多くの、ハウスダスト、ダニの死骸、猫の毛(実家では猫を飼ってましたが、結婚後飼わなくなってました)そして私は面倒で仕方なかったのですが、毎日のお風呂掃除と、完全なる拭き上げ。


bovist-78735_960_720.jpg



これはカビの発生を防ぎます。あとは冬の時期になってくると、必ず結露をふきあげること。

これもかなり効いたようです。残念ながら私は七年間と言う束の間の結婚生活を離婚と言う形で、終わってしまったのですが、元妻の家にいる時は全く鼻をかむことも無く過ごすことができました。

これには大いに理由はあったのです。アレルギー物質から離れること。これに尽きます。




私は転職してハウスメーカーに勤めたこともあるのですが、高気密高断熱住宅にし、窓を樹脂のサッシにして結露を防ぎ、カビの発生を防ぐだけでもだいぶ変わってくるというようなことを、お客さんに説明してました。

これは科学的に根拠のあるものです。また高気密高断熱住宅にし二十四時間換気にし、スギ花粉などを家の中に入れない工夫をすることも花粉症を防ぐ大切なことかと思います。

工夫すれば幾らでも工夫はできるもので、掃除をこまめにやってハウスダストや、布団にいるダニの死骸などをきちんと日光消毒して落としてあげるだけでもだいぶ鼻炎の予防に効果ありです。

また、私は結婚時代相当嫌だったのですが、お風呂洗いと拭き上げは、確実にカビの発生を防ぎます。





スポンサードリンク







結露の除去は最近の住宅では二重サッシになってるのでだいぶ減っては来てますが、アルミサッシなどではまだまだ対策は不十分です。こまめに掃除をする。

決して掃除をさぼらない精神が、私の鼻炎を治してくれたのでしょう。

今ではあれだけ困っていた鼻炎もなくなりました。猫とも同居ですし、結露対策もしてませんが不思議と治ってしまいました。皆さんも是非お試しください。

nice!(1) 
共通テーマ:健康

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。